ワイツマニーテトラ

という名の熱帯魚が好きだ。今までに飼育した熱帯魚(数は対した事は無いが)で個人的に一番好きだ。複数飼育してたけど去年訳あって星にさせてしまった。

微妙に入荷しない魚で先週は未入荷だった。先日別件でショップに行った所販売してたんで店員に聞くと前日に入荷したらしく今日家に持って帰るのはあんまりオススメできないとの事で店に取り置き。

ワイツマニーは鱗がラメのように輝く小型カラシンで顔もごつく、ぱっと見性格の粗そうな雰囲気なのだけど性格は極めて温厚で距離をとった縄張り争いをするぐらいの気の弱いタイプ。この辺のギャップが気に入っている。どっちかっていうと地味めの熱帯魚だけど自分的にはかなり好きだ。

で、数日前に改めて店を訪問。引き取りに行ってきました。店で確認したところ先週よりも状態は抜群に良くしっかりラメも輝いてました。先週は色が抜けてて微妙だったので結果的には取り置きで正解。同じ水槽に入っていたチェッカーボードジグリットも衝動買い。昔から気になってたから良いタイミングでした。

【水槽 アクアリウム 熱帯魚】白点病、再び。part3

しばらく時が空きました。
いろんなことが起きた時期でブログにする気分になれずでした。
熱帯魚ってのはなかなか難しい。

前の記事でミナミヌマエビが水草の残留農薬で全滅と書きましたが実は1匹生存しておりました。しかも稚エビで。
恐らく全滅前に産んだエビなんだと思います。
やはりこの水槽で産まれただけに水質に慣れているんでしょうか。かなり元気です。これは良い誤算でした。

白点病事態は収束したんですが結局マーブルハチェットも全て☆
恐らく水質悪化かなと踏んでいます。ろ材をまったく交換していなかったので。
その後、ボールろ材を追加。バクテリアの繁殖による水質の改善を期待。

そこから残り3匹のワイツマニーテトラも立て続けに☆
原因は不明。他の魚たちは問題なし。テトラ病か?呪われております。
水槽がかなり寂しくなりましたがここから追加をって気分にはならないかなさすがに。