【ネタバレあり】PS4 The Last of Us part II感想。

今回は先日発売されたPS4の『The Last of Us PartII』について考えようと思います。

普段はゲームのレビューは書かないがこのシリーズはもはやゲームの枠を突き破った新しいスタイルのソフトだと思います。尋常ではないグラフィックと凄惨なストーリーに心を揺さぶられる傑作だと思う。Amazonのレビューの余りの炎上ぶりには違和感がある。ていうか、このゲームはある程度映画なり小説なりが好きな人間で無いと意味がわからないと思う。それぐらい複雑な構成になっているので単に前作ファンのゲーマーぐらいの感じでは辛いと思う。

このラスアス2は簡単に言うと復讐の炎に包まれたエリーが旅を通じて人間の尊厳を取り戻すのが大きい位置付け。ジョエルを失った事でもはや殺人鬼と化したエリー、そこにアビーという対比。この配置というのは良い意味で悪質なぐらいに素晴らしい。アビーはジョエルを殺す張本人なわけだけど彼女は仲間を愛して助けるキャラクターとして描かれている。エリーとアビーには戦う価値が余りにかけ離れている訳でアビーの位置付けはそれはまるでジョエルなんだよね。これは心を揺さぶられるよ、1であんだけ感情移入したエリーだからね。本当に上手いストーリー構成。ラストの決戦も絶妙でアビーとレブがまるで前作のジョエルとエリーにだぶる。そう思うとアビーを赦す事が出来た事にも納得がいく。殺しちゃってたらエリーは本当の悪魔になってたわけだから。

結末としては彼女は家族も仲間も指も失ってギターも弾くことが出来なくなる訳だけど彼女の戦いの物語はまだ続くのでは無いかと思う。全てを失って自分を再生したエリーにはこの過酷な世界を生きる意味が必要だと思う。かつてジョエルが言ったように『生きる意味』がないとこの世界では生きていけない。抜け殻のような人生に意味はない。

恐らく続編があるならそれはエリーの免疫が中心になるだろう。免疫こそが彼女の生きる価値だから。彼女のストーリーを終わらせるには絶対に外す事が出来ない。さらにアビーとレブのたどり着いた島はファイヤフライの生き残りの島と思われる描写もある。あえてそこは描かないというやり方もあるとは思うがこれは2を作った責任とも言える訳で、ノーティドッグはここから逃げる訳にはいかないと思える。

自分的には今作はとてもチャレンジングな賭けに出たと思えるし、こうするしかないとも思える。1と同じ事する意味は無いだろうし、価値も無い。製作陣のプロ根性を讃えたいと思う。

Days0618

普通に考えて利益率が低い店ほど危険だ。アフターコロナはそれが決定的になると思う。それ以前に今は選択肢が無いので危険過ぎる。ウチはチャレンジしなさすぎかもしれん。

Days0617

UPLINKは昔から好きだ。映画館には行った事は無いけど配給してる作品が気に入ってる。カウリスマキ映画のきっかけになった訳だし。パワハラで訴えられちまったか。残念だね。経営者も時代に合わせて変化出来ないと足下を掬われてしまう。コロナで倒産して欲しくないので義援金も入れたがこういう形で終わって欲しくない。日本のミニシアター業界にとってはUPLINKは重要な存在だと思う。

Days0616

法事の日に買ったミカニアデンタータが枯れかけてる。放ったらかしにしてしまった自分が悪いけど弱るの早い。一気に暑くなったからか。矛盾してるけど気に入ってる。夜に確認して駄目だったらもっかい買いに行くか。


普段はキャリア勢なんだけどたまにはと思ってオンラインでFIFA20をプレイ。全く持って歯がたたん。まぁガチ勢しか残って無いだろうから納得はしてる。でもまだやれる事いっぱいあるって気付いた。

Days0612

今日は母親の命日だ。5年。5年ってのは結構な時間の流れを感じる。この時間で俺もけっこう変わったな。それぐらい大きい。たまに死んだら何処に行くか考える。別の魂に生まれ変わるんだろうか。それとも真っ新に消滅してしまうのだろうか。誰にも分からない世界。

Days0520

なんでじじいってマナーを守れなくなるんだろう。


アフターコロナで働き方は大きく変わりそうだ。ウチはテレワークの継続は会社としては難しいと思っていたが継続になった。そこらへんの柔軟さはあるのは良いと思う。

Days 0519

このブログのやり方を根本的に変えようといろいろ考えるがまとまらん。どうしたもんかな。昔やってた絵と日記メインにするべきか。別のブログでレビューは残すか。どっちにしても面倒な作業。

やっぱりどうにも角度が付いて微妙になる。絵描く用の傾斜台が欲しい。漫画家が使うようなやつ。