music,  review

Thrill March / 朝日美穂

Pocket

98年発表の2nd 
このアルバムリリース後にsony recordとの契約が 
切れてきまった事から考えても 
商業的に成功したとは言えない作品なんだろうが 
彼女の音楽的には非常に成功したんではないだろうか 
1曲1曲が非常に引き締まっていて 
これしかないというアレンジだ 
曲は標準的なポップソングという感じだが音の合わせ方重ね方が 
とてもクレバーでとにかく渋い 
日本のポップソングは良い曲でもとにかく軽いんだが 
このアルバムは深い場所から響いてくるようで 
とても重厚で実験的な音楽だと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA