music,  review

ゆらゆら帝国III / ゆらゆら帝国

Pocket

2001年に発表されたゆらゆら帝国の3rd 
前作「ミーのカー」はサイケデリックな濃厚なロックだった事に対し 
本作はメロディ重視のポップな音作りである 
「ミーのカー」が傑作だっただけに 
このアルバムは買ってから数える程にしか聴かなかった 
俺の中で「ゆらゆら帝国=ミーのカー」だったのである 

しかしよくよく聴くとこのアルバムの方が 
気味の悪い純度は高いような気がする 
まるで白昼夢のようで目覚めの不思議な朝のような
暑い日の立ち眩みのような 
でもそれが、ゆらゆら帝国だと僕は思うのだ 

キチガイが冷静だと怖い 
微笑みながらそっとナイフを出すような 
そんな音楽

  1. でっかいクエスチョンマーク
  2. ラメのパンタロン
  3. 幽霊の結婚式
  4. 待ち人
  5. ゆらゆら帝国で考え中(Album Version)
  6. 男は不安定
  7. 砂のお城
  8. 頭異常なし
  9. 頭炭酸
  10. 少年は夢の中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA