music,  review

LIVE AT THE ISLE OF WIGHT 1970 / THE WHO

Pocket

1970年ワイト島フェスティバルに出演したTHE WHOのライブCD。付属としてライブDVD付き(海外盤なのでリージョンが異なるプレイヤーでは再生不可。)
Whoの出演は夜中の2時だったらしい。このライブのテンションは凄まじい。メンバー4人共が激しく音をぶつけ合い、誰も引かない。
Whoは全てがリード楽器と形容されるが正にそれを体現している。激しくぶつかり合いながらバランスが崩れずにいられるバンドなんてそうそうお目にかかれない。
音質は当時のものなのでお世辞にも良くは無いが、もし聴くなら音量を上げて聴くのをおすすめ。ライブの息遣いまで感じれそうな音量で

ギターのピートタウンゼントはこのライブを自分の最高のライブの一つと評価しているのも頷ける。ロックバンドはガラス細工みたいなもので余計な力やバランスで一気に割れてしまう。この日のライブは4人の力量とテンションが見事なバランスで成り立った奇跡のライブだと思う。
ライブにはWhoの人気を不動のものにした「TOMMY」の楽曲が多数収められている。CDとは違った激しく哀しいトミーの世界も堪能できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA