movie,  review

コーヒー&シガレッツ / ジム・ジャームッシュ

Pocket

カフェ、店内、コーヒー、タバコ、音楽。

この映画はたったこれだけの映画だ。

なにげないカフェでのやり取りの一部分。

でも素晴らしい俳優、監督にかかれば

上質な映画になる。

この映画は基本的に気まずい映画だ。

なんとも噛み合わない会話とギクシャクする間。

それを埋めるコーヒーとタバコ。

その中で個性を光らせているのはイギーポップとトムウェイツのコンビだ。

ウェイツの僻んだ性格に気を使いまくるイギー。

かなりアドリブを効かせてような気がする。

この映画はタメになる教訓とか教えとか何もない。

それが良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA