RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO

Pocket

2008年に書いたブログを転載。

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO 

行って来た、以下見た順番の感想。 

【Signals】 

照井さんの新バンド 

リハで照さんが目の前に、さすがに照れた 

べらぼうに渋かった 

ロマンスとダンディズム漂うサウンドだった 

【山下洋輔ニュー・カルテット】 

TWIN TAILまでの間についでに見てたんだが 

予想超えるアバンギャルドなサウンドで素晴らしかった 

今回のFESでの最大の発見 

【TWIN TAIL】 

映像と音楽のコラボレーションバンド 

あの凄まじい演奏がアドリヴと考えると尚更凄い

照井氏と中達は正に阿吽の呼吸だった 

「こんなバンドが何故いないのか」という俺の願いを 

完璧に表現してくれるとは 

ラストもスペシャルな1曲だった 

【HARRY】 

弾き語りだったんだけど 

ギターのカッティングがかっこ良くて惚れた 

ああいうギター弾きたい 

【Yuji Ohno & Lupintic Five】 

ルパンのカバーバンドかと思いきや 

バンマスがなんとオリジナルの作曲者 

サウンドもただのカバーでなく 

オリジナリティーに溢れていた 

【Sharbets】 

今回はシャーベッツでは大人しくしていようと 

心がけていた(後にはLOSALIOSが控えていたので)んだけど 

結局それは出来なかった 

Johnny HellとWAYが素敵過ぎた 

【クレイジーケンバンド】 

客の盛り上げ方ってのを良くわかっていらっしゃる 

でもEGOの都合で途中で諦めた 

風に乗ってGTが聞こえた 

【EGO-WRAPPIN’】 

次のロザリオスの兼ね合いもあって 

CKBよりもコチラを優先したが悪くなかった 

パフォーマンスがね、良かった 

でも、イメージ変わったなぁ 

【LOSALIOS】 

最大のメインアクト、やっぱすげえなぁ 

もうまともに原曲をプレイしてる曲は無かった 

一番の盛り上がりはベンジーのとこだったけど 

まぁそれは当たり前なわけです 

「もう3人でやっちまえば?」と言いたくなるけど 

あれやったら反則だわ 

あ~いいもの見れたぜ、ちくしょう 

【ROVO】 

俺は長い曲が好きだ 

もっとバイオリン寄りのバンドかと思ったけど 

かなりロック寄りで好きになった 

アンコールあったから相当の時間やってたなぁ 
—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA