【プラモデル】1/24 アルピーヌルノーA110を作る。part2

2回目です。前回はボディは黒サフ、内装はセミグロスブラックで塗装でした。今回はスプレー塗料を取り出してエアブラシで塗装しようと思います。

ラッカー塗料を取り出す。

簡単に出来ました。

ラッカースプレーをそのまま塗装する方法もアリなんですがこの場合細かい塗装が難しく染料がドバッと出ちゃうらしい。せっかくエアブラシがあるのでトライします。やり方は至って簡単でカフェであるようなフタのあるコーヒー容器に塗料を全て出し切ります。容器はダイソーで購入。ラッカースプレーには塗装の中にガスがあるのでそれを一度抜く必要があるので数時間放置。この後塗料のビンに移し替えます。自分は半日フタを開けておきました。完全に閉めちゃうとビンが破損する可能性もあるようなので。ここら辺の細かい所はyou tuberのモデオさんのやり方を使わさせて頂きました。

塗装開始。

準備も出来たんで塗装を開始します。薄め液でしっかり希釈して塗装。どうにも薄めすぎたのか色がなかなかのらない。実車と比べても全然なのでしつこく重ねました。5回は重ねた気はします、ホントはここまでやるもんでも無いとは思いますが。ただ重ねた甲斐もありかなり良い感じのメタリックブルーになったと思う。ついでにエンジンもクレオスのスーパークロームで塗装。以前勢いで筆塗りしてめちゃくちゃダサかったんですが、このクロームの金属感最高。他のメタル部分のこれ使います。

2回目、まだまだ薄いです。
2回目正面からの図。
5回目、なんとか終了。

エンジン製作。

エンジン部分も使っていきます。実車のエンジンの画像をみるとプラモデルにはないパイピングがちらほら。この辺も素人ながらトライします。使用したのは極細ワイヤー。ピンバイスで穴開けして通します。困ったのがエンジンフードのワイヤーキャップ部分、小さすぎて摘まない。なかなか難しいです、四苦八苦しながらワイヤーも接着。エキゾーストパイプの近くも自作したんだけどまぁ組み立てると見えなくなっちゃいました。とりあえずエンジン部分はこんな感じ。

塗装し直したエンジン。
パイピングのコードを仕込む部分がかなり大変。
各種パイピングを施しました。

次回に続きます。

【プラモデル】1/24アルピーヌルノーA110を作る。part1

とりあえず塗装ブースは完成したのでプラモデル作りをスタートしようと思います。今回作るのはアルピーヌルノーA110です。昔から好きな車でカッコ良さと可愛さを兼ね備えた大好きな車です。10数年ぶりのプラモデルで本格的な製作も始めてのほぼ初心者ですが気持ちで立ち向かいます。

正面の顔が良いんですよね。

とりあえずやってみる。

まずは下地。

サクッとサーフェイサーで塗装します。これは捨てサフなのでこの上から800番→1000番の順番で水研ぎしました。予定では白サフで吹く予定だったんですがよく考えたらボディは深みのあるブルーにしたかったので急遽黒サフに。メタリック塗装は黒下地がメジャーらしいです。黒サフはガイアノーツのエヴォブラックです。

水研ぎ後。
水研ぎの黒サフ。

内装の塗装。

ついでに内装の塗装もスタート。セミグロスブラックです。使用したエアブラシは持ち手がコンプレッサーになっているUSB充電式のタイプ。安いので塗装が上手くいくか不安でしたが特にトラブルも無く塗装完了。まぁ拘ると不満もあるんでしょうが今の自分には充分。

使用したエアブラシ。

エアブラシは楽天市場で購入。ポイント溜まってたんで良かったですし購入の特典で塗装用の調色用のマドラー?や皿とかスポイトも貰えてかなりお得でした。

セミグロスで塗装後。

次回に続きます。

模型出戻り初心者が塗装ブースを作る。

かれこれ10数年前に模型をやっていた時期が僅かながらあって、辞めてから結構な時間が空いて忘れていたんだけど。不意に目覚めてしまった。
以前は金のかけない初心者丸出しのやり方ではあったんだけど今回はしっかりやっていこうと決意をした。
でまぁとりあえず塗装ブースがあるに越した事は無いと思うので制作過程を書いていきます。

塗装ブースとは?

塗装ブースは字の如く塗装をする為のスペース。
塗装にはラッカーやエナメル塗料を使用するので部屋で使うと匂いや染料が付着するのでクレームの嵐です。
塗装ブースがあれば換気扇から吸い込んで屋外に排出出来るので部屋でも塗装が出来る。
昔はこんなのあったんかな?まぁあってもめちゃくちゃ煩くてたいして吸わなかったんだろう。先人の知恵には驚かさせる。

塗装をやるにあたって。

今回の制作には独自のオリジナルアイデアはありません。
全て他の方々の制作過程のブログ等を参考に作っていますので新たなアイデアを探している方には時間の無駄になってしまうのでご了承ください。

まずは換気扇。

いろいろ調べるとパワーに比例して音も増幅されるので多くの方が使っているこの換気扇にしました。まぁ初心者な訳だし四六時中塗装する訳でも無いんで無難な方をチョイスしました。
グレードを上げると電気配線が専門的になるので注意が必要です。
このタイプは別途電源コードを差し込むだけでOKでした。コード合わせて6500円ぐらい。

FY-24BM6K

土台探し。

塗装ずみブースの土台はある程度のスペースのある箱、衣装ケースやカラーボックスでも大丈夫な気がしますが一応お手本に習ってMDF材をチョイス。
ホームセンターで寸法にカットしてもらいました。2000円ちょいぐらい。

組み上げ。

カットしてもらったMDF材を組んでいきます。
この素材はネジがNGらしく無理にやると割れるようです。
なので木工用ボンドで接着。不安はあったんですが結果的にしっかり接着できたので問題無いです。あとはコーナークランプで90度を維持させて下さい。まぁ当たり前か。

あると便利なコーナークランプ

何故か寸法が合わない。

自分は結構雑な性格で適当に組んだのが悪かったのか他の人の完成品のようなサイズ感にならない事態に。
寸法は間違って無いと思うので組み上げの際、設置面を間違えたのかも知れないですね。
でもまぁ隙間があるわけでも無いのでこのまま行きます。

換気扇を設置。

上面に当たる部分に換気扇から空気を吸い上げる穴をカットします。
それ用の機材があれば楽なんですが自分は持ってないので四隅を電動ドリルで穴を開けてノコギリでカット。
その際クランプで固定させるのが楽。自分のは100均ですがあって良かった。

注意点としては換気扇の外枠でカットするのでは無く内側大体2,3cmでカットします。換気扇本体を支える場所が無いとどうにもならないので。

換気扇の設置は通常は底側から固定させるらしいんですがまぁ正直面倒そうなんで上から置いてネジで固定しました。
もうこの辺からかなり適当になってます。
固定さえしっかりできていれば上からでも問題ないです。
もしかしたら排出量に差が出るのかも知れませんので検討の上決めてもいいかもです。

仕切り板を設置。

この塗装ブースの特徴になっているのがこの仕切り板でこれがあると空気の流れが限定されて排出量のパワーが上がるとの事。吹き返しを無くすらしい。
これ無いときついですよね。

でまぁ設置する訳なんですが寸法がずれて組んでいるんで板の側面に空間が出来てしまいました。
もう無理矢理なんだけど横には窓に使う仕切り板テープで固定。で、風量を見ながら角度を決めて設置しました。

汚れ防止の為仕切り板に新聞紙を取り付けています。

排出ルートを確保。

後は室外への排出のルートを作り上げるだけです。
ダクトホースをアルミテープで固定。
窓枠にはプラダンに穴をあけてアタッチメントをはめこみます。結果的に問題がなければOKでやってます。

ぐるぐる巻きです。

試運転

当たり前ですがしっかり動きます。音も煩いレベルでも無く鳴ってるなぁぐらいのレベル。
家族が別室なら特に問題無いレベルかなと思います。
排気も仕切り板の上下から空気の吸い込みもあるので問題なさげですね。

音が大きめに聞こえますが実際はそこまででは無いです。

実際使ってみた感想。

結論から言うと素晴らしいです。
ラッカーのサーフェイサーを吹いてみたんですが特に匂いが残る事や吹き返しがあったりする事も無く非常に良いです。
吸引の力の加減は分からないですがサーフェイサーで大丈夫ならエアブラシもいけるっぽいのでとりあえずは安心といったところです。諸々の費用は13000円ぐらいです。

終わりに。

長々と書きましたが塗装ブースの作成は以上となります。
思ってたよりかはスムーズにいったかなぁと思います。
今のところ非常に調子も良く稼働しているので是非トライをお勧めいたします。

ワイツマニーテトラ

という名の熱帯魚が好きだ。今までに飼育した熱帯魚(数は対した事は無いが)で個人的に一番好きだ。複数飼育してたけど去年訳あって星にさせてしまった。

微妙に入荷しない魚で先週は未入荷だった。先日別件でショップに行った所販売してたんで店員に聞くと前日に入荷したらしく今日家に持って帰るのはあんまりオススメできないとの事で店に取り置き。

ワイツマニーは鱗がラメのように輝く小型カラシンで顔もごつく、ぱっと見性格の粗そうな雰囲気なのだけど性格は極めて温厚で距離をとった縄張り争いをするぐらいの気の弱いタイプ。この辺のギャップが気に入っている。どっちかっていうと地味めの熱帯魚だけど自分的にはかなり好きだ。

で、数日前に改めて店を訪問。引き取りに行ってきました。店で確認したところ先週よりも状態は抜群に良くしっかりラメも輝いてました。先週は色が抜けてて微妙だったので結果的には取り置きで正解。同じ水槽に入っていたチェッカーボードジグリットも衝動買い。昔から気になってたから良いタイミングでした。

【ネタバレあり】PS4 The Last of Us part II感想。

今回は先日発売されたPS4の『The Last of Us PartII』について考えようと思います。

普段はゲームのレビューは書かないがこのシリーズはもはやゲームの枠を突き破った新しいスタイルのソフトだと思います。尋常ではないグラフィックと凄惨なストーリーに心を揺さぶられる傑作だと思う。Amazonのレビューの余りの炎上ぶりには違和感がある。ていうか、このゲームはある程度映画なり小説なりが好きな人間で無いと意味がわからないと思う。それぐらい複雑な構成になっているので単に前作ファンのゲーマーぐらいの感じでは辛いと思う。

このラスアス2は簡単に言うと復讐の炎に包まれたエリーが旅を通じて人間の尊厳を取り戻すのが大きい位置付け。ジョエルを失った事でもはや殺人鬼と化したエリー、そこにアビーという対比。この配置というのは良い意味で悪質なぐらいに素晴らしい。アビーはジョエルを殺す張本人なわけだけど彼女は仲間を愛して助けるキャラクターとして描かれている。エリーとアビーには戦う価値が余りにかけ離れている訳でアビーの位置付けはそれはまるでジョエルなんだよね。これは心を揺さぶられるよ、1であんだけ感情移入したエリーだからね。本当に上手いストーリー構成。ラストの決戦も絶妙でアビーとレブがまるで前作のジョエルとエリーにだぶる。そう思うとアビーを赦す事が出来た事にも納得がいく。殺しちゃってたらエリーは本当の悪魔になってたわけだから。

結末としては彼女は家族も仲間も指も失ってギターも弾くことが出来なくなる訳だけど彼女の戦いの物語はまだ続くのでは無いかと思う。全てを失って自分を再生したエリーにはこの過酷な世界を生きる意味が必要だと思う。かつてジョエルが言ったように『生きる意味』がないとこの世界では生きていけない。抜け殻のような人生に意味はない。

恐らく続編があるならそれはエリーの免疫が中心になるだろう。免疫こそが彼女の生きる価値だから。彼女のストーリーを終わらせるには絶対に外す事が出来ない。さらにアビーとレブのたどり着いた島はファイヤフライの生き残りの島と思われる描写もある。あえてそこは描かないというやり方もあるとは思うがこれは2を作った責任とも言える訳で、ノーティドッグはここから逃げる訳にはいかないと思える。

自分的には今作はとてもチャレンジングな賭けに出たと思えるし、こうするしかないとも思える。1と同じ事する意味は無いだろうし、価値も無い。製作陣のプロ根性を讃えたいと思う。

アクアテラリウム制作。part3

しばらくほったらかしにしてました。
いろいろやってはいたんですがブログにはしてなかったという感じです。

お気に入りの熱帯魚店へ。

前回でも記載通りにどうにも流木がイマイチ決まらない感じがありまして
ちょくちょくお邪魔している「アクアリウムトールマン」に行く事にしました。
このお店は正に「痒い場所の手が届く」感が半端ない。
大手にはないような人気商品がしっかりあるお店です。
交通の弁も良い訳でもなくお店も狭いですが店の魅力が上回ってくる感じです。

店長含めスタッフも丁寧かつ熱意を持って販売しているので安心して購入できます。ただ余りある熱意の所為か接客時間がとてつもなく長い。
時間に余裕を持って来店された方が賢明です。

とりあえず流木を配置する。

流木配置後。

うん、まぁ悪くない。こっからやね。

レイアウト接着剤。

目的の流木とずっと欲しかった水草数種類とボルビディス、そしてレイアウト用のカミハタの液状接着剤を購入。
この接着剤の存在をネットで知ったんですがこれは衝撃を受けました。レイアウト重視のアクアリストには必須とも言えるアイテムだと思います。
自分の場合は購入前にレイアウトに注水してしまっていたので部分的にしか使用をしていません(乾燥時のみ使用可)がしっかり土台を組む場合この接着剤なら相当頑丈になると思います。

細心の注意で使用してください。

使用方法はレイアウト素材の間に別売りの緩衝材を挟みそこに接着剤を垂らし待つ。これだけ。硬化までの時間も数分でOK。正にいいことずくしです。
ただ非常に接着力が強力なので皮膚に絶対にかからないように細心の注意を払ってください。
開ける際に1滴ズボンに垂れたんですが服の上からでも火傷するかのような感覚でした。皮膚に直接いったらと思うとゾッとします。

カミハタ 液状接着剤の補助材 ベージュ系 20個入

で、まぁそんな感じで設置も完了。
底面フィルターからの排水を流木の最上部に繋げてアクアテラ感がかなり出ました。

アクアテラリウム制作。part2

以前の水槽は外部フィルターのみのやり方でした。その辺りの濾過不足があったのかもしれないです。それでもサイズ的には過剰濾過だったと思うけど。

今回は底面フィルターを敷いてWで濾過を効かせようと思う。もう力技です。調べるとやっぱり底面フィルターの方がメリットがあるんだよね。バクテリアも多くなるし、水の動きもでるから止水域も少なくなるらしいです。

一番底に底面フィルター。一応その上にはウールマットを敷きました、この辺は人によって敷く派敷かない派あるようです。今回は敷きました。

流木と真ん中の無理矢理感が微妙だ。

ソイルは前回も使ったブルカミアDを使用、なかなか良かった印象です。水もバキバキに綺麗になるし。水草の育ちも良かったです。ただソイルの色が気に入らないのでブルカミアの上に薄くバイオソイルを敷きました。ソイルにバクテリアが仕込まれているのはありがたい。色も黒だし。チャームで買った流木を置いて見ました。悪く無いんだけどなんか微妙。

ソイル敷いた後。なんか流木が、、、

一点物 レイアウト流木単体 Typeブランチ 60cm水槽用 860581 関東当日便

part3につづく

アクアテラリウム制作。part1

以前管理していた水槽は藍藻の爆発的な増加であえなくリセットしました。最後の賭けでグリーンFに頼ったんだけど時すでに遅しでした。それにしても藍藻のあの臭みはやばいですね。何日経っても思い出してしまいますね。

8割ぐらいのコケにまみれた水草を処分し生体も救出。ソイルも捨てて水槽もピカピカになるまで洗いました。新しく水槽を立ち上げようかと思います。

もともとはアクアテラリウムを作りたくて水槽を買ったのを思い出しまして、新しい水槽はアクアテラを作ろうかと思います。前回の水槽の藍藻爆増はソイル付近の水の淀みが原因だと思うので底面フィルターを使うアクアテラリウムはピッタリではないかと至りました。

Youtube動画を見まくってやっていこうと思います。何も入っていない空っぽの水槽を見るとワクワクするもんですね。

Part2に続く

水彩画『fu-kei』

タイトル:Fu-Kei 使用画材:透明水彩

最近人物画に飽きてきているのかもしれない。普段はほとんど風景画は描かない。

ロケーションは住んでるマンションから見た風景。目の前に田んぼがあるからそこに空間が生まれてそこが好きだ。

相変わらず色を重ねるスタイルでやってる。自分の絵にはルーツ的なものはないけど唯一あるのは永山裕子さんの絵だ。油絵的に塗られた水彩画はいつも参考にしているが全く近付かないね。

冬場のジュエルオーキッドは水槽管理がおすすめ。

そろそろ春で暖かい日になってくると思いますがまだまだ朝晩は冷え込むと思います。
植物にとってもなかなか辛い時期ではありますね。
熱帯の植物であるジュエルオーキッドにとっても冬場の気温は難しく乾燥もしているので相当厳しい環境です。
極力温度と湿度を保つ必要があります。

やりやすいのは個人的には水槽で管理。
さらに底面には爬虫類の飼育などで使用する保温マットがおすすめです。
このやり方だと適度の温度を温めてくれるのでお手軽です。
ただこの場合は天井部分は少し通気口を用意しないと水槽内が蒸し風呂状態になってしまいますのでご注意を。

水槽には直接水苔を敷くのではなく園芸用の軽石の上からが良いと思います。
水捌けがよくなるので根腐れを回避できます。